忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/25 18:43 】 |
大倉崇裕 聖域がなぜ?

大倉崇裕 聖域がなぜ?

大倉崇裕 聖域に関する数々の噂話こんなもんじゃありません
白戸修の狼狽
白戸修の狼狽
福家警部補の挨拶
福家警部補の挨拶

東京創元社|Webミステリーズ!(桜庭一樹)
は、と聞くと、あっ、大倉崇裕さんの『聖域』(東京創元社)の話になった。k島氏のつくった本なので「担当が一緒です」と威張る(?)。 カクテルを四杯飲んで、最後のグラスホッパーでだいぶ回って、夜中にご機嫌で帰宅。 酔って風呂に入ると死ぬ(かもしれない)ので風呂...はてなブックマークより

大倉崇裕 聖域がなぜ?

山岳ミステリーの新たな名作『聖域』 - [ミステリー小説]All Abo...
大倉崇裕のプロフィール大倉崇裕は1968年京都府生まれ。学習院大学法学部卒。1997年に「三人目の幽霊」で第4回創元推理短編賞佳作、翌年に「ツール&ストール」で第20回小説推理新人賞を受賞し、2001年に短編集『三人目の幽霊』で単行本デビュ...はてなブックマークより

極上の高値の花は、そのまま見て楽しむ方がいいかもしれません。花は触らず、見て楽しむもの。それが風流ってもんです。
染めたがる人に会ったことはありますか?会社の上司がそのタイプだと、ハッキリ言って憂鬱になりますよ。
大倉崇裕 聖域が気になったときにはまたいつでもどうぞ!!
【中古】単行本(小説・エッセイ) 聖域【中古】単行本(小説・エッセイ) 聖域
文蔵(2010.8)文蔵(2010.8)
極上の高値の花
PR
【2010/10/25 12:27 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<オステリア ルッカ 恵比寿に関する情報を集めてみた | ホーム | 大倉崇裕 ブログつまりこういうことだったのね>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>